ヨット上のバーから夕陽を眺める

new york

  • 由緒ある木造船で高級オイスターを試食する
  • ​スパークリング・ロゼを手に、絵画のように美しい景色を堪能する
  • ​有名シェフの手による、地元の魚介を使った料理の数々を味わう










ニューヨークのリバーサイドにあるにぎやかなバーは、西79番(West 79th)ストリートにある「Boat Basin」と、ウェストサイド・ハイウェイ(West Side Highway)の外れの船上バー「Frying Pan」の2店が有名です。どちらのバーも大混雑で、プレッピーたちがクラッドシェリーに酔っています。しかしながら、これらには行かず、コンラッドから徒歩10分の「Grand Banks」に向かい、水辺でお酒をたしなむのはどうでしょう。トライベッカ(TriBeCa)のピア25(Pier 25)に夏限定で出現する、1942年に建造された「Grand Banks」という帆船(ヨット)のデッキにしつらえられたこのオイスター/ワインバーでは、スタイリッシュなシーンが繰り広げられます。そのコンセプトは、ブルックリンの「Marlow & Sons」の共同創業者であるマーク・ファース(Mark Firth)と、生粋の船乗り2名にマンハッタンのナイトライフのプロ1名が加わったオーナーシップグループが発案したものです。ニューヨーカーたちの間では、ケリー・ヘファーナン(Kerry Heffernan)氏も加わっているのではないかという話もあります。彼はかつて「Eleven Madison Park」のシェフを務め、船員が食べる小皿メニューを海でとれた貝のフリカッセ、ランプブロスとコダラのスモークを使った料理、イングリッシュピース(えんどう豆)とチリのピクルスを添えたマゼランツキヒガイのたたきといった料理に仕立て上げた人物です。また、お好みであれば(ニューヨーカーの好物です!)、自家製のピクルスを使った、とびきりおいしいロブスターロールもあります。できれば夕暮れ時に来店するのがおすすめです。ピンクに染まったマジックアワーの雰囲気に身を委ね、1ダースのローカルオイスターと1杯の南アフリカ産スパークリング・ロゼを楽しみましょう。














ピア25(Pier 25)は、トライベッカ(TriBeCa)のすぐ西、ノース・ムーア(North Moore)・ストリートの端にあります。1942年に建造されたヨット・ノバスコシア号は目立ちますので、見逃すことはないでしょう。

​​所在地:Pier 25(ノース・ムーア(N. Moore)・ストリートとウェスト(West)・ストリートの交差点)
電話:212-960-3390
ホームページ:grandbanks.org
5月~10月に開店












ヨット上のバーから夕陽を眺める

ヨット上のバーから夕陽を眺める

new york

  • 由緒ある木造船で高級オイスターを試食する
  • ​スパークリング・ロゼを手に、絵画のように美しい景色を堪能する
  • ​有名シェフの手による、地元の魚介を使った料理の数々を味わう










ニューヨークのリバーサイドにあるにぎやかなバーは、西79番(West 79th)ストリートにある「Boat Basin」と、ウェストサイド・ハイウェイ(West Side Highway)の外れの船上バー「Frying Pan」の2店が有名です。どちらのバーも大混雑で、プレッピーたちがクラッドシェリーに酔っています。しかしながら、これらには行かず、コンラッドから徒歩10分の「Grand Banks」に向かい、水辺でお酒をたしなむのはどうでしょう。トライベッカ(TriBeCa)のピア25(Pier 25)に夏限定で出現する、1942年に建造された「Grand Banks」という帆船(ヨット)のデッキにしつらえられたこのオイスター/ワインバーでは、スタイリッシュなシーンが繰り広げられます。そのコンセプトは、ブルックリンの「Marlow & Sons」の共同創業者であるマーク・ファース(Mark Firth)と、生粋の船乗り2名にマンハッタンのナイトライフのプロ1名が加わったオーナーシップグループが発案したものです。ニューヨーカーたちの間では、ケリー・ヘファーナン(Kerry Heffernan)氏も加わっているのではないかという話もあります。彼はかつて「Eleven Madison Park」のシェフを務め、船員が食べる小皿メニューを海でとれた貝のフリカッセ、ランプブロスとコダラのスモークを使った料理、イングリッシュピース(えんどう豆)とチリのピクルスを添えたマゼランツキヒガイのたたきといった料理に仕立て上げた人物です。また、お好みであれば(ニューヨーカーの好物です!)、自家製のピクルスを使った、とびきりおいしいロブスターロールもあります。できれば夕暮れ時に来店するのがおすすめです。ピンクに染まったマジックアワーの雰囲気に身を委ね、1ダースのローカルオイスターと1杯の南アフリカ産スパークリング・ロゼを楽しみましょう。














ピア25(Pier 25)は、トライベッカ(TriBeCa)のすぐ西、ノース・ムーア(North Moore)・ストリートの端にあります。1942年に建造されたヨット・ノバスコシア号は目立ちますので、見逃すことはないでしょう。

​​所在地:Pier 25(ノース・ムーア(N. Moore)・ストリートとウェスト(West)・ストリートの交差点)
電話:212-960-3390
ホームページ:grandbanks.org
5月~10月に開店